読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西丸四方の佯狂法(精神分裂病編)

ようきょう[やうきやう] 【▼佯狂・陽狂】狂人のふりをすること。また、その人。にせきちがい。 ( Yahoo!辞書) 典型的な精神分裂病の公式は次のようになっている。この病気が始まった途端に周囲の世界は怪しく何か意味ありげになる。次に、その意味がはっ…

吾妻ひでお、マイルス・デイヴィス

革命家は知っている。逃走は革命的で、引きこもりや気まぐれさえも、テーブルクロスを引っ張って、システムの一端を逃げ出させるのなら革命的である。ジョン・ブラウンのやり方で、みずから黒人にならざるをえないことがあるとしても、壁を通り抜けること。…

トード・リッキング

トード・リッキング toad licking定期的に浮上する、出典の怪しいドラッグの流行。1994年にカリフォルニア州ソノマ市の教員が2人逮捕されたときにこの噂話は再び復活した。この2人はブフォテニンという物質を所持していたのだが、これはLSDにも似た幻…

フルートピア

フルートピア Fruitopia60億ドルにも上るオルタナティヴ飲料市場を巡り、1994年3月、スナップルに対抗して、コカ・コーラ・カンパニーにより新発売された清涼飲料水。コーン・シロップと果汁を混成してできたこの飲料は、その宣伝方法を除けば取り立…

OKソーダ

OKソーダ OKsoda1994年半ばにコカ・コーラ社によって、地域限定で発売された地味な清涼飲料水。コーク社の宣伝担当だったセルジオ・ザイマン(彼はまたニュー・エイジ的「脳活性飲料」のフルートピアも開発した)の発案によるこの新商品、OKソーダはジェ…

クリスチャン・ラップ

クリスチャン・ラップ Christian rap静かな流行となっている音楽の一種。キリストのメッセージを乗せたラップ。前向きなミュージシャンたちが力強いビートに乗せて健全なメッセージを伝える。クリスチャン・ラップで特筆すべき成功例はDCトークで、リバティ…

妄想とアーカイヴへの欲望

1 妄想は社会的な産物である統合失調症者の妄想は非論理的で荒唐無稽な代物に過ぎない、と一般には思われがちな気がします。しかし本当にそうなのでしょうか。しょせん統合失調症者の妄想は社会から隔絶された狂気が生み出したSFじみた絵空事でしかないのか…

純粋国家と反原発

反原発運動は山本七平風に言うと「純粋国家」を求める運動に他ならない。山本七平は夏目漱石の「こころ」の読解から以下のような論旨を導き出す。 日本人には明らかに「純粋国家」という概念がある。個人のもつ基本的な欲望、いわば飲・食・生存といった基本…

あ〜やっぱりな、前回俺が書いた内容が端的にサザエbotの発言に現れているではないか。これ。以下に一応引用しておく カツオ?今メディアやネットの世界では、ノイズが混じってしまうから何を言ってもまっすぐとは伝わらないわよ〜!誰かに本当に伝えたいこ…

インターネットの敗北

今回の地震で考えた(ほとんど)唯一のこと、それはインターネットの敗北ということ。散々デマを拡散させまくったインターネット(ツイッター)に対し、自ら自分の足を使って被災地の避難所に救援物資を届けた江頭2:50の行動が(なかばヒーローのように)評…

大文字の他者

ラカンから影響を受けたジジェクもそのジジェクから影響を受けた(と思われる)大澤真幸も結局彼らの思想は次の一言で要約できるかと思われる。すなわち、「我々は神亡き後の科学的で合理的な近代の時代を生きているが、それでも無意識のうちでは神を信じて…

否定神学共同体

書かずにいようと思ってたけどやっぱり書くか。問題は原発なのだ。とはいっても最近の反原発ムーブメントみたいなのを見てもなんかモヤモヤしたものがあるわけで。どうも反原発の風潮は左翼界隈だけではなく痛いニュースとか見ても全体的にそういう風潮らし…

超越論的地平としての言葉と死の欲動

前回の補足。カントの超越論的=アプリオリな形式的カテゴリーはフロイトにおいては「無意識」として定式化されていました。ここでは少し振り返ってラカンにおける無意識=超越論的カテゴリーについて軽くおさらいしておきましょう。簡単に一言で言うとラカ…

哲学(精神分析)とオカルトの違いについて

精神分析(ここでは主にフロイトとラカン)は反証可能性が無いから疑似科学でありオカルトである、というよくありそうな批判を仮想的に立ててこれについてちょっと考えてみよう。まず、そもそも精神分析は科学ではない。なぜなら精神分析は超越論的な次元で…