読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西丸四方の佯狂法(精神分裂病編)

ようきょう[やうきやう] 【▼佯狂・陽狂】

狂人のふりをすること。また、その人。にせきちがい。
( Yahoo!辞書)

 典型的な精神分裂病の公式は次のようになっている。この病気が始まった途端に周囲の世界は怪しく何か意味ありげになる。次に、その意味がはっきり形をとり、迫害者がいて自分に悪口をいうのが聞こえ、自分をひそかにつけまわすのを感じ、電波や催眠術で頭の中に通信したり体にいたずらしたりするのを感ずる。あるいは…(以下中略)。
 以上は、述語を使わない精神分裂病の症状の公式であるが、これに従って実演するには、どうするべきであろうか。迫害者がいて自分を狙っており、声で脅してくるのだと言って、被害妄想と幻覚を発表するだけでは、誰も狂気とは思ってはくれまい。まず、自分の職務をおろそかにし、いくら文句をいわれてもなおざりにして、さぼる。このとき、暇な時間を他人との談話やテレビ見物に費やしてはならず、ひとりで黙ってぼんやりとし、にやにやしてみたり、少々のひとりごとをいったりして、外界のことに注意を向けず、壁の方にでも向いて少しうつむいていることだ。また、家族に注意されれば反抗し、ときには暴力もふるってみる。「どうもあいつは、このごろ少しおかしいのではないか」と人に思わせるようにする。
 次に、いきなり迫害者がいるとか、脅し声が聞こえるなどといっては、必ずしも信じてはもらえないので、迫害の相手、たとえば隣家とか警察署とか放送局などへ、「自分は何も悪いことをしていないのだから、悪口をいったり、つけまわしたり、電波をかけて頭の中に通信したり、体をしびれさせたりするのをやめてもらいたい」と、毎日続けて何十通も手紙を出す。また、裁判所へ訴え出たり、あるいは隣の家に怒鳴り込んで、「こそこそと悪口など、いわないでほしい。自宅のまわりをうろついて偵察など、しないでもらいたい。」と強硬に申し入れ、夜など隣家に石を投げて「迫害の仕返しだ」と怒鳴ったりするのがよい。
 このようにして、あの人はおかしいのではないかとの客観的情勢をつくってから、その狂的な行為の理由を尋ねられて、はじめて妄想なり幻覚なりを発表するのである。ときどき、ひとりごとで訳のわからないことを呟く。あるいは、それを紙に書く。「兎が俺を作ったので神は暗い。それは本当にお前か。草の下に埋め石、白で黒で灰色だ」。そして、抽象画のような訳のわからないものを描く。一晩中、部屋の中を歩きまわり、ときどき壁にぶつかって掛け声をかけてひっくりかえったり、何のために何をしているかわからないようなことをする。そのうち、精神科の医者のところへ行くよう家人が勧めるだろうが、簡単に行ってはならない。「自分は病気ではないから医者に診てもらう必要はない」と抵抗し、さんざん人を手こずらせて、やっと無理やりに連れて行かれるのがよい。
 あるいは、これと逆に幸福な狂気の場合には、神社の参詣に行ったときに神主の祝詞のあげ方から、自分は天皇の子であることを悟る。そして「丸の内皇居内宮内庁気付 天皇陛下殿」として、葉書を書き、これを毎日出し続ける。そのうちに医者のところへ連れて行かれることになるであろうが、そのときは「医者も自分を手伝ってくれることになった」と、喜び勇んで行くのがよい。
 医者の前で肝腎な点は、あの鈍い、うつろな目つきと表情と動作である。医者に常時そうであると思ってもらうため、この表情や動作に一瞬たりとも活気を与えてはならない。次に大切なのは身だしなみの薄汚さとだらしなさであって、けっして銀行員のようにきちんとしていてはならない。手本となるのはヒッピーである。髪はばさばさで、顔はしばらく洗ったことのないように目やにをつけておき、無精髭を生やし、爪は伸ばして、黒い垢を溜め、足には垢をこびりつけ、肌着は二、三週間洗濯をしていないものが効果的である。そして周囲に何が起こっても、そしらぬ顔をしていることだ。医者の問いにはすらすら答えない方がよい。何回も尋ねられてから、やっと少しずつ、そしてやや漠然と答える。
 ――どうして警察署へ手紙を出すのですか。
 「私をいじめるんです」
 ――どうやって?
 「電波みたいなものをかけて……」
 ――何か放送してくるのですか。
 「電波みたいなもので、いってくるんです」
 ――何というのですか。
 「何か悪口か何か……」
 ――いってくる言葉通りにいってごらんなさい。
 「泥棒だとか、捕まえて殺すとか……」
 ――聞こえるのですか。
 「いや、頭の中へ電波みたいなものでいってくるんです」
 ――そのとき、あなたはどうしますか。
 「私は何もしないよ、といってやるんです」
 ――どうやっていってやるんですか。怒鳴るんですか。
 「いや、口でいうのではなく、頭の中でそういうと、向こうに伝わるんです」
 ――すると、何といってきますか。
 「お前は泥棒だといってきます」

(「狂気の価値」西丸四方